硝子

メキシコガラス

 メキシコにガラスが入ってきたのは、16世紀、スペイン人によってでした。その後各地で工房が開かれ、ビール会社の紹介などもあり、メキシコの吹きガラスは海外でも知られるようになりました。
 特徴的に使われる色は青、紫、緑、赤であり、中でも赤は金紛によって得られる色なので高価なものになっています。

  現在の主な生産地はメキシコシティ周辺、ハリスコ州トナラやトラケパケ、またグァナファト州サンミゲル・デ・アジェンデなどです。普通のコップからテキーラグラス、ワイングラス、アイスクリームグラス、カラフェや花瓶、とても種類豊富です。

メキシコガラス

        地図を見る