このお店のこと

 カサ・メヒカーナは私がメキシコと10年以上前に出会い、始めた小さなネットショップです。

メキシコを訪れたのはほんの小さなきっかけでした。

メキシコの文化もあまり知らず、中南米の雑貨というと土っぽいイメージがほんのりとあるばかりでした。

実際に出会った沢山の色鮮やかな民芸品。なによりもメキシコの色遣いに魅せられました。知れば知るほど、ユーモアにあふれ、センスの高いものばかり。当時、普通のバックパッカーで荷物も増やせずあまり買い物できずに悔かったのを憶えています。

 そして・・・その後のメキシコとのつながりもあり、こんな可愛い民芸品、なぜ日本にないのかと残念でついに自分で販売してみようと決めたのでした。

それでもあまりに未知の世界、。。小さく始めるならネットショップがこれから一番いいという助言も受け、ネットのみで開店することになりました。当時はまだネットショップというものがあまりメジャーではない時代。なんせダイヤル接続が主流でしたから!

今となっては、ネットショップを選択したからこそ、メキシコの民芸品だけ、というニッチな世界?でこれまで続けてこられたのだと思います。(もちろんそれと、これまでご愛顧頂いたたくさんのお客様のお陰です^^) やはり理想と現実は違うというか、メキシコ民芸品を揃えることには悪戦苦闘です。文化の違い、考え方の違い、etc。思うようにはならないけれど、それでもやはりヤメラレナイ、魅力が多いメキシコのモノ。

とにかくひとつでも、一人でも、メキシコのモノを好きな人にお届けできればと、思っています。

 

*追伸* 「コピー商品」に思うこと

「NO a la Pirateria」のバナーをつけました。 「海賊盤反対」というこのキャッチコピーは、海賊版CD、DVD等が横行しているメキシコで良く見かけるものです。 これらは明らかな「違法商品」

では民芸品のコピーは? もちろん違法ではありません。ですのでこんなバナーは不愉快に思う方もいらっしゃるかも知れません。

ただ、この仕事を始めて思うようになったこと。
ちょっとでも、人気が出る商品があると、すぐにコピーされるんです。デザインだけ真似て、安価な東南アジアなどで作る。
民芸品や民族衣装は、ブランド物とは違いますのでこういったことは当然のように行われています。
買う人は、可愛いと思って、買う。安い方がいいのは誰でも同じ。しかも縫製などは大量生産品の方が良かったりしますし。
だからって、安易に似たもの作って売るのはどうなの?商売だから仕方ない?

私は、腑に落ちないし、好きでないのです

バナーお持ち帰り自由です。 横長もあります
no a la pirateria

*追伸* 閉店に際して

開店から15年、閉店することを決めました。上には「メキシコと10年以上前に出会い」、と記しておりますが、
そして出会いから20年になります。
本当にたくさんの民芸品と出会い、人と出会い、笑ったり怒ったり。。泣いたことはなかったかな(笑
今になって思い出すのは、やっぱり楽しいことばかりです。
あとは足を棒にして歩き回り、荷物を運び、梱包して。。。ってことですね〜(^_^;
とにかく、私が気に入ったものを、気に入って買ってくださる方がいる、ということが本当に嬉しくやりがいでした。
皆様に心から感謝しています。そしてまたどこかでお会いできることを!